栽培品種


とちおとめ


1996年に「栃の峰」と「久留米49号」を交配させて栃木県で選抜育成され品種登録られた品種です。

糖度が高く程よい酸味もあり果実がしっかりしているので、比較的日持ちが良いのが特徴です。果皮は鮮赤です。



やよいひめ


群馬県で育成され2005年に品種登録されました。

「とねほっぺ」と「とちおとめ」を交配し、さらに「とねほっぺ」を交配して作られました。

特徴はオレンジ色の果色と果肉の硬さにあり輸送性・日持ちのよさにあります。

程よい甘さで酸味は強めではありません。

当園では直売・地方発送にてお求めいただけます。(時期によりいちご狩りも有り)


おいⅭベリー


やや晩成の「9505-05」と「さちのか」を交配させて生まれた品種です。

ビタミンⅭが現在流通している品種の中で一番多く、7粒で1日分のビタミンⅭを摂取出来るそうです。

 

作付け面積が少ないので要問合せ。



もういっこ


宮城県の農業・園芸総合研究所で「MN3」という品種と「さちのか」を交配させて育成され2008年に品種登録されました。

果実は円錐形、鮮赤な果色で、甘い香が強く、食味は強い甘みと程よい酸味が味わえる品種です。濃厚な味わいをお楽しみいただけます。

ついつい「もう一個」と手を伸ばしてしまう魅力があります。

 


かおりん


埼玉県の独自品種です。ふくあや香とゆめのかを掛け合わせた品種です。

糖度・酸度共に高くバランスが良く、味が濃厚、食感に張りがあります。

当園では、主にお土産でお買い求めいただけます。


あまりん


埼玉県の独自品種です。やよいひめとふくはる香を掛け合わせた品種です。糖度は高く、酸度も感じられるが控えめです。

当園では主にお土産にてお買い求めいただけます。


恋みのり


農研機構九州沖縄農業研究センターが育成した新品種で甘みと酸味のバランスがほどよく、果肉にかたさがあるため輸送性に優れています。

多収であること、いちごを通して託された想いが叶うようにと願いが込められています。

2017年に品種登録出願がされたばかりの新しい品種です。

 



紅ほっぺ


静岡県で章姫とさちのかを交配させた品種で、2002年に品種登録されました。

果皮は鮮赤で、果形は長円錘で甘みと酸味のバラスが良くコクのある品種です。


©2015市川いちご園